1.  > 
  2.  > 

ネットで誰でもお金を稼げるクラウドソーシング

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、インターネット上でお仕事を発注したい人、受注したい人をマッチングするシステムのことです。企業や個人の方が「こんなお仕事をやってくれる方募集しています」という募集に「私、できます」という感じで応募します。自分の他にも応募者がいると思うので、自分が選ばれたらお仕事を行い、報酬を貰ってお金を稼ぐというサービスです。

日本でクラウドソーシングは、2009年頃から徐々に広まっていき今ではフリーランスの方や在宅ワークする方に需要が高くなっています。

クラウドソーシングでのお仕事

クラウドソーシングでは、いろいろなお仕事を受注できます。スキル・知識を必要をするものは単価が高いため月に10万、20万以上稼ぐこともできます。お仕事の内容は、システム開発・アイデア募集・キャッチコピー募集・翻訳・ホームページ制作・写真編集・楽天市場構築・ロゴ制作・キャラクター制作・アプリ開発・作曲など様々です。

おすすめのクラウドソーシングサイト

ランサーズ

サイト: http://www.lancers.jp/

仕事数:多い 手数料:20%(10万円以下の場合)

日本最大級のクラウドソーシングです。ランサーズが日本で一番利用者が多く、お仕事も多いです。フリーランサーや副業をする方に便利なサイトにしようという取り組みをされています。他のクラウドソーシングサイトに比べて単価も少し高い方です。

クラウドワークス

サイト:http://crowdworks.jp/

仕事数:多い 手数料:20%(10万円以下の場合)

ランサーズの次に利用者とお仕事の数が多いサイトです。ランサーズとしくみも使い方も似ています。ただ、ランサーズよりも単価は少し安い感じです。

ココナラ

サイト:http://coconala.com/ coconala.com

仕事数:非常に多い 手数料:30%

ココナラとは?ココナラは500円から依頼できて便利!

クラウドソーシングとはちょっと違いますが、似ているので紹介。自分の出来ることを報酬をいただいてやりますよと提案するサイトです、最初は500円でしか販売できませんが、何度か取引をすると500円以上の販売も可能になります。例えば、500円でレビュー投稿します・500円でデータ入力しますなど様々です。

シュフティ

サイト:http://www.shufti.jp/ シュフティ

仕事数:普通 手数料:10%

これから伸びるかもしれないクラウドソーシングサイト。まだまだ知名度が低く、利用者も多くはありません。ですが、手数料が安いためそこは嬉しいところです。

サグーワークス

仕事数:普通 手数料:換金時に108円

文書作成に特化したクラウドソーシングサイトです。作業完了後には現金が報酬ではなく一旦ポイントとして獲得します。ポイントは、現金・Amazonギフト券・iTunesギフトに交換することができます。仕事ジャンルは、簡単テキスト作成・高単価文書作成・アンケート回答の3つです。

関連記事
最新記事
人気記事
最新記事